• HOME
  • 院長ごあいさつ

院長ごあいさつ

当病院は長年にわたり、高齢化・過疎化の進む中山間地域で
ご高齢者の方々の在宅・救急医療を担い、
安心・安全で高度な医療・福祉サービスの提供に努めて参りました。

そして、病院施設の新築改装を行うことにより、療養環境の改善と医療内容の充実を計って来ました。
さらに、高齢化、多様化する患者様のニーズに応え、病床の機能分化を進めると共に、増加の著しい認知症に対応した医療・介護サービスの充実に努めております。
また、東日本大震災での地域医療へのダメージに驚き、将来起こり得る大規模災害への備えとして、災害時にも病院機能を維持し、地域の基幹病院として貢献できる様に、マニュアルの作成、物資の備蓄・インフラ維持の為の設備などを検討し、可能な物から順次実施を始めました。
これからも、我々スタッフ一同は、さらに良質な医療の提供、特に通所・訪問等の在宅医療に力を入れ、サービスの向上に努めて参ります。

院長 近藤近江

基本理念 私たちは、患者さま方に良質で安全な満足感のある高度な専門医療技術の提供と、
地域における救急医療、保健・福祉サービス、介護などの生活の質(QOL)の
向上に寄与することを目指します。私たちは基本理念に基づいて以下のことを実践いたします 1.患者さま方の納得と選択に基づいた医療サービスを提供します。
2.高度な専門医療技術を持って、科学的根拠に基づいた医療サービスを提供します。
3.山間地域医療における救急医療、老人医療、障害者「心と身体」医療を
  積極的に担い支えていきます。
4.在宅医療、介護支援、保健、福祉サービスなどの活動に積極的に参加し、
  予防、健康増進・QOL向上に寄与し地域の皆様の期待に応える努力をします。

ページ上部へ