沿革

明治17年
  初代 近藤長清が初回医術開業試験に合格し、現在地にて開業する
大正8年
  初代 近藤長清の業を近藤靖雄が継ぎ近藤病院を設立する
昭和29年
4月 医療法人 青葉会 近藤病院を設立する
昭和33年   精神科を新設し閉鎖病棟を建築する
昭和36年   精神科開放病棟を建築する
昭和39年 4月 高吾北地区医療発展のために必要な看護婦養成校の清和准看護学院を設立する
定員15名
昭和43年 6月 医療法人 青雲会 清和病院開設する
高知県指令43医第502号
保険医療機関指定 高医106号
診療科目 内科・外科・精神科・神経科・理学診療科
許可床数 一般58床・精神271床・結核30床 合計359床
理事長 岡村秀起 院長 黄雅俊
昭和43年 9月 理事長・院長に 衣笠勝が就任
昭和45年 4月 理事長・院長に 近藤靖雄が就任
昭和45年 9月 救急病院の指定を受ける 45医第405号
昭和47年 4月 清和准看護学院の定員を20名に増員する
昭和51年 3月 理事長・院長 近藤靖雄死去により近藤千春が理事長・院長に就任する
昭和61年 2月 診療科目に循環器科・胃腸科を加える
昭和62年 1月 診療科目に放射線科を加える
昭和62年 6月 許可病床 一般83床・精神271床・結核15床 合計369床となる
平成10年 6月 診療科目に呼吸器科・肛門科を加える
平成11年 11月 介護事業 通所リハビリテーション開設の許可を受ける
平成11年 12月 介護事業 指定居宅介護支援事業所開設の許可を受ける
平成12年 1月 介護事業 訪問看護ステーション開設の許可を受ける
平成12年 5月 診療科目に心療内科を加える
平成12年 11月 診療科目に眼科を加える
平成13年 1月 結核患者数減少により結核病床9床減床する
一般83床・精神271床・結核6床 合計360床
平成13年 4月 理事長・院長 近藤千春死去により近藤近江が理事長・院長に就任する
平成14年 1月 診療科目に皮膚科・泌尿器科を加える
平成14年 9月 一般病棟新築に伴い療養病床の許可を受ける
一般36床・療養47床・精神271床・結核6床 合計360床
平成15年 2月 結核患者数減により結核病床2床減床する
一般36床・療養47床・精神271床・結核4床 合計358床
平成15年 3月 診療科目に整形外科を加える
平成15年 5月 療養病床の内15床を介護療養施設の許可を受ける
平成16年 1月 診療科目の整形外科を廃止する
平成16年 2月 結核患者数減により結核病床を廃止する
一般36床・療養47床・精神271床 合計354床
平成16年 4月 精神デイケア「サン・スクエア・セイワ」を開設する
平成16年 4月 地域医療部を創設し、地域との連携強化に努める
平成16年 4月 介護事業 訪問看護ステーションを廃止し同業務を清和病院地域医療部に移管する
平成16年 6月 一般病床の内8床を亜急性期入院医療管理料の許可を受ける
平成16年 10月 診療録管理体制加算の許可を受ける
平成16年 12月 新設・増改築施設整備事業に着手する
第二病棟[新築]
[給食施設・精神病棟4棟211床・職員食堂・会議室他]
デイ・リハ[新築]
「通所リハビリテーション施設・OP室・理学療法室他」
第一病棟[増改築工事]
「診察室・X線他検査室・薬局・受付事務室他」
平成16年 12月 病院広報誌「せいわ」を創刊する
平成17年 9月 第一期工事竣工する
平成18年 3月 第二期工事竣工する
平成18年 4月 日本精神神経学会精神科専門医研修施設に認定される
平成18年 6月 工事完成により施設基準を変更する
一般26床・亜急性期10床    1棟
医療療養32床・介護療養15床  1棟
精神療養病棟115床       2棟
精神一般病棟51床       1棟
老人性認知症治療病棟50床   1棟
特殊疾患療養病棟55床     1棟
合計7病棟354床となる
平成18年 6月 第三期工事に着手する
平成18年 10月 診療科目の泌尿器科を廃止する
平成18年 12月 清和准看護学院を建物老朽化に伴い佐川町乙1667番地に移転新築する
平成19年 1月 第三期工事完成後、外構工事着手完成
これにより、平成16年着手した新築・増改築施設
整備事業が全て終了し完成となる
平成19年 4月 第三病棟建替え工事に着手する
平成20年 3月 診療科目に整形外科を加える
平成20年 5月 病院施設全てが、新築改修施設となる
平成20年 7月 診療科目を以下の16診療科目に改める
 精神科・老年精神科・心療内科
 内科・消化器内科・循環器内科・呼吸器内科
 外科・消化器外科・肛門外科・脳神経外科
 整形外科・リハビリテーション科・皮膚科・眼科・放射線科
平成20年 12月 1-2F改修工事完成により、病棟病床数を変更する
一般24床・亜急性期10床:1棟
医療療養34床・介護療養15床:1棟
精神療養病棟115床:2棟
精神一般病棟51床:1棟
認知症病棟50床:1棟
特殊疾患病棟55床:1棟
合計7病棟354床となる
平成21年 6月 精神療養病棟115床 2棟 認知症病棟50床 1棟 を
精神療養病棟60床 1棟 認知症病棟55床 2棟 に変更する
平成26年 10月 亜急性期10床が廃止となる。
一般24床を26床に
医療療養34床を42床に変更する
平成27年 1月 一般26床を地域包括ケア病棟変更する

ページ上部へ